県議会議員選挙の掲示板が設置されてきました。


3月29日は、群馬県議会議員選挙の告示日です。

告示まであと10日ほどとなり、県内各地には県議会議員選挙のポスター掲示板が設置され始めました。

選挙にかかわっている人にとっては、掲示板が設置されると「いよいよだな」という焦りを感じるものですが、選挙に関心の無い人にとっては掲示板の存在にすら気づかない人もいるようです。

選挙の当事者にとって、選挙でドタバタしているときも、選挙に無関心な人には「あれ、選挙があるの?」という人もいます。

人の立場は様々なので、みんなに選挙の緊張感を共有したいとは思いません。

ただ、「選挙がある」という認識だけは持ってほしいと思うしだいです。


3月定例議会が終了


3月14日に、神流町の3月定例議会が終了しました。

議会最終日は、まず地元の中里中学校音楽部の演奏で開始されます。

今年も素晴らしい演奏をしてくれました。

 

3月定例議会で最も重要となる議案は、平成31年度予算を決めることです。

予算審議において、議会でできることは予算を賛成するか、否決し修正するかしかできませんが、予算の内容をしっかりと吟味しなくてはいけません。

平成31年度の神流町の一般会計予算は、約35億円です。

この金額は、他の自治体のものと比較すれば少ない金額かもしれませんが、例年の一般会計予算規模が約26億円ほどだった神流町においては、かなり大きい金額となりました。

平成31年度予算案は、可決されました。

予算は可決されると執行できる状態になります。

ただ、予算を執行すればいいというものでもありません。

執行するにあたり、内容がしっかりとしたものになっているか、スケジュールはどうなっているのかをチェックすることも議会の役割です。

もちろん、役場職員の方々もしっかりと働いてくれていますが、外部の目として進捗状況や中身を確認し町民に知らせることも議会の役割であるため、チェックをさせていただきます。

予算は限られているものだからこそ、できるだけ有効に活用しなくてはいけません。

特に、神流町のように自治体の規模が小さく、自主財源も乏しい自治体にとって予算はとても貴重なものです。

今後も予算が内容をともなった状態で執行できるよう確認をしていきます。


中学校卒業式


今日は、神流町の中学校の卒業式に参加してきました。

卒業というと、別れのイメージがありますが、新しいステージへと旅立つことも意味します。

神流町で育ったことは、とても貴重な経験です。

卒業生の方々には、神流町のことを誇りに思って、これからも頑張ってほしいと思います。


3月定例議会3日目


今日も3月定例議会での予算審議です。

今日は、東日本大震災が起きた日ということで、午後2時46分には審議を止めて黙とうを行いました。

災害はいつ起こるかわからないものです。

災害に対する備えを行うためには、災害対策の予算も必要です。

災害対策の備品類は、利用頻度の少ないものですが、万が一に備えて準備する必要があります。

こうしたことを検討する視点も予算審議では必要となります。


花粉症にはつらい季節


春が近づいて来ました。

徐々に暖かくなることは喜ばしいのですが、今の時期は花粉症の人にとってつらい時期です。

昨日、今日と天候が良かったので、花粉の量も非常に多かったようで目のかゆみと鼻水にやられています。

花粉症対策は個人に任されていますが、国をあげて取り組むべきだと毎年この時期になると思います。


3月定例議会2日目


今日は、3月定例議会の2日目です。

神流町議会の場合、1日目の本会議では予算の概要説明を行い、2日目以降に予算の詳細な説明・審議を行います。

2日目から他の自治体で言うところの予算特別委員会のようなものに入ります。

神流町は、予算規模が非常に小さな自治体ですが、予算規模が小さな自治体だからこそ予算書の一つ一つの事業に対してしっかりとした確認を行うことができます。

その確認は、前年との金額の違いや事業の進み具合、新規事業があればその理由など、詳細にわたって質疑が行われます。

こうした小さな自治体の予算審議は、予算規模の大きな自治体よりも、一つ一つの事業を詳細に確認できるというメリットがあると私は感じています。

詳細に確認していることから、行政とも良い緊張関係を築くことができます。

予算審議は、来週も続きます。


3月定例議会開始


今日から神流町議会の3月定例議会が開始されました。

日程は、今日から14日までの8日間となります。

最終日の14日には、私も一般質問を行う予定です。

3月定例議会は、来年度予算を審議することが主要な議案となるため、審議時間も長くなります。

予算は、自治体の活動方針を示すものです。

しっかりと審議したいと思います。


広がって欲しいアレルギーに対する理解


食物アレルギーをもつ私としては、アレルギーに対する理解が世の中に広がって欲しいと思っています。

そうした中、群馬県で以下のような取り組みが行われるそうです。

親子で学ぶ食物アレルギー 県が作成 小学新1、2年に配布

(上毛新聞より)

群馬県では、食物アレルギーの啓発の資料を作成し、県内全小学校に配布するとのことです。

こうした県による取り組みで、食物アレルギーへの理解が深まり、事故が減ることが期待出来ると思います。

こうした取り組みが広がることを期待しています。


事務所開きに参加


今日は、立憲民主党群馬県連合に所属する方の事務所開きに参加してきました。

参加者が非常に多く、その方が地域や仲間から信頼されていることをとても感じました。

選挙に出ることは、非常に重大な決心を必要としますが、この決断が良い結果となることを祈っています。