投稿者「さいとう 誠」のアーカイブ

さいとう 誠 について

群馬県神流町在住。 群馬県神流町(旧万場町)で生まれ、高校~社会人までは、他の地域で生活をしていたが、神流町に貢献するために会社を退職しUターン。 現在は、神流町にて様々な活動を実施。

4月の終わりに3月議会の報告


気が付けば、2022年4月も今日が最終日です。

神流町の「鯉のぼり祭り」は、今年も中止となっているため、今年のGWも神流町は静かになっています。

さて、4月最終日ですが、先月開催された3月議会の報告をさせていただきます。

神流町議会の3月定例議会は、3月10日~17日まで開催されていました。

今回、私は一般質問で移住に関する取り組みについて、質問しました。

私から町への提言は、以下の3点です。

①2021年に神流町は、社会増(転入人口が転出人口を上回る状態)となったが、どのような何が要因で、何が今後も必要なのかなどの検証を役場として実施すべき。
→2021年の状況を一過性のものにせずに、今後も継続していけるように、「良かったこと」「悪かったこと・改善すべきこと」を役場としても把握しておくべきと思い、このような提言をさせていただきました。

②神流町では、2020年から「移住支援コーディネーター」制度を取り入れているが、まだ町内へ浸透していないと思われるため、町内にもアナウンスすべき。
→「移住支援コーディネーター」を、神流町では、2020年から神流町の観光案内所に設置しています。「移住支援コーディネーター」は、町外に向けて情報を発信したり、町外からの来町者に町を案内するための役職ですが、町内に対してもその存在を知らせる必要があると考え、このような提言をしました。

③神流町の宿泊施設について、民間施設を含めて神流町HPで紹介出来るように改善すべき。
→神流町への移住を検討するにあたり、神流町に宿泊してみたいと考えたとしても、町内の宿泊施設の存在を見つけにくいという課題があります。そこで、公営・民間問わず、公平な観点で町内の宿泊施設を神流町HPに掲載することで宿泊施設を見つけやすくなることから、このような提言をさせていただきました。

上記の提言について、今後も実施されるように継続して確認していきたいと思います。


3回目の新型コロナワクチン接種


2022年も2月中旬が過ぎ、徐々に日照時間が伸びてきましたが、神流町では本日の最低気温はマイナス4.3度となっていて、まだまだ寒い日が続きます。

神流町では、新型コロナワクチンの3回目接種が1月から開始されています。

1月に高齢者を中心とした接種を行い、高齢者比率が61%を超える(神流町オフィシャルサイトより)神流町では、既に町民の過半数が3回目のワクチン接種済みです。

本日、私も新型コロナワクチンの3回目の接種をしてきました。

新型コロナワクチンの接種は、決して必須ではなく、任意のものですが、私自身の活動範囲や生活上の影響等を考え、私は接種してきました。

神流町では、新型コロナワクチンの接種記録をすぐにシステムに登録しているとのことで、国が配布している接種証明書アプリを使用し、すぐに3回目のワクチン接種証明書を発行することが出来ました。(接種証明アプリを使用してワクチン接種証明書を発行するためには、マイナンバーカードが必要です。)

ただ、3回目の新型コロナワクチンの接種が終わったとしても、新型コロナウイルスの感染を完全に防ぐことが出来るわけではないので、まだまだ感染に気を付けて生活をする必要があると思っています。


2022年1月の活動報告


2022年最初の投稿となります。

臨時議会

1月14日には、2022年最初の臨時議会が開催されました。

今回の臨時議会の議案は、①専決処分補正予算の承認、②一般会計補正予算の2つでした。

①専決処分補正予算については、昨年12月に配布した子育て世帯臨時特別支援給付金に関するものです。政府の方針により、18歳以下の子ども一人につき、5万円を現金で、5万円をクーポンで配布することになっていましたが、政府の方針が途中で変更となり、クーポン配布の5万円分も現金で配布することが可能となりました。

そこで、神流町では、昨年補正予算を組み、クーポン配布ではなく現金で配布することとしました。神流町では、昨年12月に10万円を一括で配布しています。

②一般会計補正予算については、大きく2点あります。
一つは、住民税非課税世帯への特別臨時給付金に関するものです。政府の方針により、住民税非課税世帯に対し、1世帯あたり10万円を給付することになっています。この予算措置を行いました。

もう一つは、神流町独自の対応として、原油価格高騰に伴う灯油負担の軽減措置のために「1世帯あたり1万円分の灯油購入補助券を配布」することと、「町民一人につき1万円分の商品券」を配布することの予算措置を行いました。

これらもコロナ禍における経済対策として対応となります。

神流町では、住民が少ないことから、これらの商品券については、役場職員が手分けして配布を行っています。これも小さな自治体だからこそ出来る対応なのだと思います。

新型コロナウイルス対応ワクチンの3回目接種について

議会についての話題ではありませんが、神流町における3回目のワクチン接種状況について、記載します。

1月29・30日には、65歳以上の方を対象に接種を行います。

2月19日には、65歳未満の方を対象に接種を行います。

3月には、神流町に通勤する方々の職域接種を行います。

全てファイザー製のワクチンとなります。

以上です。


2021年12月議会・子育て世帯支援給付金・3回目ワクチン接種の状況


早いもので、2021年も残りあと4日となりました。

神流町の12月議会の状況、子育て世帯臨時特別給付金の支給方法、新型コロナの3回目ワクチン接種の状況について、ご報告いたします。

12月定例議会

神流町議会の12月定例議会は、12月16日に開催されました。

今回の定例議会の議案は、各種補正予算と条例改正案でした。

今回も私は、一般質問を行いました。

一般質問の内容は、「みかぼ高原キャンプ場の進捗状況等について」です。

現在神流町では、かつて町営で運営し現在は休館となっている「みかぼ高原荘」という宿泊施設を解体し、オートキャンプ場として整備する計画を進めています。

そのオートキャンプ場について、施設の設計図は議会に対して説明が行われましたが、運営主体はどこなのか、町内事業者との連携はどうかのかといった点が不明確だったため、一般質問にて確認しました。

結論として、運営主体は、まだ決まっていないとの答弁がありました。来年度には、このオートキャンプ場をオープンする予定とのことなので、早急に運営主体を決め、オープンまでの準備を進めなければいけません。

どんな良い施設であっても、運営がしっかりしたものでなければ集客は出来ません。しっかりした運営ができるように、町には、早急に運営主体を決定していただき、準備を進めていただくよう要望しました。

子育て世帯臨時特別給付金の支給方法

国が補正予算で支給することを決めた「子育て世帯臨時特別給付金」について、神流町での支給方法を記載します。

国の方針としては、5万円を現金で、残り5万円相当をクーポンでという支給方法が当初の指針でしたが、国の方でもいろいろと方針が変更となり、最終的に一括で現金による支給も可能となりました。

そこで神流町では、10万円を一括で支給することに決定しました。既に、児童手当対象となっている方々への給付は、年内に終えました。年明けから申請が必要なご家庭への対応を行うこととなっています。

私も現金で支給することに賛成です。クーポン券での支給は、使用できる場所に制限がかかり、使いにくくなってしまいます。ひとえに子育てといっても、必要となる資金は様々です。また、幼児世代から高校生までと子どもの年齢層も幅広いため、クーポンではなく現金で支給した方が様々な用途に利用できると考えます。

新型コロナワクチン3回目接種の状況

次に、神流町の新型コロナワクチンの3回目接種の状況について記載します。

今年の5月末までに2回目のワクチン接種を終えた方々(主に65歳以上の方々)は、来年の1月29日・30日に3回目の接種を行う予定です。

既にワクチン接種の予約は始まっており、準備が進められています。

今年の6月以降に2回目のワクチン接種を終えた方々(主に65歳未満の方々)は、来年の2月に3回目の接種を行う予定です。

予約券の発送も始まり、予約は来年1月から行えるそうです。

来年3月には、職域接種(教員等の神流町に町外から通勤し、町民との接点の多い方々など)が行われる予定です。

神流町は、人口が約1700人ほどの小さな自治体であるため、行政が町民の状況を把握しやすいというメリットがあります。

ワクチン接種についても、予約をしていない方々について、予約をし忘れていないかどうかを役場職員が電話で聞き取りを行うなどの対応を行っています。

また、高校生等でワクチンの副反応による発熱に備え、対象の学生が通う高校に役場から事前に電話連絡を行うこともしています。そうすることで、副反応による発熱等があったとしても、学校側も理解していただけるようになっています。これも子どもの数が少ないからこそできるメリットだと思います。

以上が、神流町の状況です。


2021年11月の活動報告


早いもので、11月も今日で最終日です。

11月の活動報告をいかに記載します。

11月19日には、神流議会の全議員で視察研修に行きました。視察の目的は、神流町で現在建設中の「みかぼ高原キャンプ場」の参考とするために、他県のキャンプ場施設を見学することでした。

今回、視察したキャンプ場は、埼玉県飯能市のキャンプ場です。これまで他のキャンプ場も見学しましたが、キャンプ場それぞれ個性があって、様々な工夫をしている印象を受けました。

そして、11月25日には、総務常任委員会を開催しました。今回の総務常任委員会では、総務課主幹で取り組んでいる事業への報告を実施していただきました。

本日、11月30日には、臨時議会が開催されました。議案は、一般会計補正予算と条例改正です。

一般会計補正予算では、75歳以上の独居住民に対する灯油購入支援策が決定されました。原油高により、灯油の値段も高くなっています。神流町もこれから寒くなってくるため、灯油は必需品です。そのため、75歳以上の独居住民という限定ですが、灯油購入の支援をすることになりました。

11月の活動は、以上です。


10月臨時議会


10月も中旬が過ぎ、下旬になりました。

神流町では、朝と夜の冷え込みが厳しくなってきました。

霜が降りる時期が近づいています。

10月19日(火)には、神流町議会の臨時議会が開催されました。

今回の臨時議会の議案が、以下のものでした。
・一般会計補正予算
・条例廃止案
・工事契約承認

一般会計補正予算では、新型コロナウイルス向けワクチンの3回目の接種に向けた費用と神流町総合グラウンドの改修工事にかかる追加費用が計上されていました。

3回目のワクチン接種について、実施時期の詳細に関する国からの方針は明確に示されていませんが、方針が明確になった際に速やかに接種が行えるように事前に準備しておく必要があります。そのため、神流町では、今回の臨時議会で3回目のワクチン接種に関する予算が計上されました。

そして、神流町の総合グラウンドについてですが、2019年の台風19号により被災してから現在復旧工事中です。復旧工事を行う中で、照明設備等の追加での工事が必要になったことから、今回追加予算が計上されることになりました。総合グラウンドの復旧工事は、今年12月末には完成予定です。


2021年9月定例議会終了


9月も中旬に入り、もうすぐお彼岸です。

神流町では、日が陰ると涼しくなり、秋に入りかけている感じがします。

昨日、神流町の2021年9月定例議会が終了しました。

今回の議案は、以下のものでした。
・令和2年度決算の認定
・令和3年度補正予算の承認
・人事案件
・条例の改定
・意見書の採択

令和2年度は、新型コロナの影響を受けた内容となっており、新型コロナ関連の事業や補助金が決算書にも含まれていました。

また、新型コロナの影響で、神流町恐竜センターも閉館となる期間があり、入館料収入も例年より大きく減少することとなりました。

今回の議会において、私は一般質問で「神流川等の河川に関する取り組み」について質問を行いました。

神流川は、神流町にとって文化の基礎となっているだけでなく、貴重な資源であり、神流町になくてはならないものです。

河川環境を守るための整備の仕組み作りや後世への文化継承のための取り組みについて、質問を行いました。

特に、河川は複数の自治体にまたがって流れるものであるため、河川環境の整備は、自治体単独で行うだけでなく上流部の自治体とも連携して行う必要があり、自治体間の連携を強く求めました。

今後も継続して、河川環境の整備や文化継承の取り組みについて、要望していきたいと考えています。


2021年8月の神流町の状況


8月も中旬が終わり、下旬に入りました。

山間部に位置する神流町でも、天候の良い日は連日「熱中症注意報」が出されています。

今年の神流町は、8月上旬に長雨が続いたことで、神流川は濁りが続いています。

また、8月上旬から群馬県内の新型コロナウイルス感染症に対する警戒度が上がり、20日からは群馬県も緊急事態宣言対象となったことから、神流町においても様々な規制がしかれるようになりました。

詳細については、神流町役場のHPに記載してありますが、概要をご紹介します。

まず、町内の河川への侵入経路は侵入禁止となっています。理由は、町外からバーベキューや川遊びに訪れる方が多数いたためです。神流町に訪れていただくことは良いことだと思うのですが、新型コロナウイルス感染症がまん延している現在のような状況ではご遠慮願いたいという思いから、そのような対応がとられることになりました。

さらに、町内の各施設においても、利用禁止もしくは利用規制がなされています。

神流町の住民の9割は、既に新型コロナウイルス感染症のワクチンを2回接種済みですが、ワクチン接種したからと言って感染しないわけではありません。

また、体調等でワクチンを接種できない方や子どもたちはワクチンを接種できません。

こうしたことを考え、このような厳しい対応をとることも私は必要だと思っています。

今は、感染が落ち着くまでじっと耐えることが重要です。


2021年7月の活動報告


山間部に位置する地域は、夏に涼しいイメージがありますが、神流町では、暑い日が続いております。

連日、私のスマホに入っているNHKのニュース防災アプリからは、神流町においても「熱中症注意情報」の通知が連日アップされてきます。

7月も本日で終わりですが、暑い日はまだ続きそうです。

7月の活動ですが、7月28日に総務常任委員会が行われました。

今回は、住民生活課と教育委員会事務局からのヒアリングが主な議題です。

神流町での小中学校の学校給食におけるアレルギー対策の状況を、少しご紹介します。

食物アレルギーを持つ生徒の場合、その生徒の保護者からアレルギーに関する届け出を提出してもらいます。

そうすることで、その生徒の給食には届け出にあるアレルギー食品を除いたものが提供されるようになっています。(除去食や代替食を提供)

こうすることで、給食の際にアレルギーの食品を食べなくてもよいようになっています。

こうした取り組みは、小規模校だからこそ出来ることなのかもしれません。

都市部の学校では、アレルギーの届け出に医師による診断書の提出を求めるところもあるようですが、神流町では診断書の提出は不要で、保護者からの届け出だけで手続きが出来ます。

簡易な手続きは、住民サービスを向上させるために必要な視点とも言えます。


6月議会終了


神流町議会の6月定例議会は、先週6月24日に終了しました。

今回の定例議会の主な議案は、各種補正予算と条例の改正、教育長の再任といったものでした。

今回の定例議会での私の一般質問は、「神流町における新型コロナ関連の施策について」でした。

今回の私の一般質問の中で、神流町における新型コロナ用ワクチン接種の状況について、確認しました。

神流町では、4月20日~5月19日までに65歳以上、6月6日~6月29日までに64歳以下の希望する町民向けのワクチン接種(2回分)が完了しております。

ワクチンの接種率は、神流町全体で対象者の約89%ほどが2回の接種を終えている状況です。

神流町では、町外在住者で神流町に勤務する方も多くいることから、役場、学校の教職員、森林組合、社会福祉協議会、金融機関などに勤務する方は、町民と接触する機会が多いことから、本人の意向を踏まえた上で、神流町の余剰ワクチンの接種を行いました。

新型コロナウイルス感染症については、まだまだ分からないことがあるため、神流町の中でのワクチン接種が進んだとしても、引き続き感染対策を行うよう執行部からの回答がありました。

また、神流町では、コロナ禍で各種イベントが開催できず来町者が減少し、町内事業者の救済策として、事業者支援金を実施することを検討している旨の回答がありました。

町内の事業者は、貴重なライフラインとも言えるので、行政が保護することは重要なことだと思います。

このような事業者支援金は、昨年度にも実施しました。昨年度には、事業者支援金だけでなく、全町民向けの商品券配布なども行いました。

コロナ対策は、感染予防と経済支援両方を考えなくてはいけません。

コロナ禍が、早く終わることを祈りますが、感染予防と経済支援を行うことも行政の重要な役割です。