地域での生活」カテゴリーアーカイブ

6月定例議会 新型コロナ対策を質問


ここ3日間ほど、神流町では曇りときどき雨というどんよりとした天気になっています。

気温は低めなのですが、湿度が高いため、じめじめとして蒸し暑く感じます。

昨日は、6月定例議会が行われました。

議案は、以下のものです。

・令和2年度補正予算
・各種条例案

今回は、定例議会なので、一般質問が可能であり、私は神流町における新型コロナウイルス感染症対策について、質問をさせていただきました。

私にとっての問題意識としては、「神流町のような小さな町で仮に感染者が発生した場合に、役場や診療所の機能は停止せずに事業を継続できるかどうか」でした。

この質問に対し、行政側の回答として、「役場(本庁舎)で感染者が発生した場合は、中里合同庁舎などの施設を活用し事業を継続する。診療所については、万場診療所・中里診療所がそれぞれ利用できることで、事業を継続する。」とのことでした。

神流町は、旧万場町と旧中里村が合併してできたため、庁舎が本庁舎と中里合同庁舎、診療所は万場診療所と中里診療所のそれぞれ2か所ずつ設置されています。

今回の新型コロナウイルス感染症のような緊急時に、こうした2か所の施設が存在することで、事業の継続性が担保できるというメリットが証明できたと私は思っています。

一か所で管理していると、効率的ではありますが、その拠点にトラブルが発生した時に問題となります。そのため、バックアップ機能となる施設の存在が不可欠となります。

行政や医療施設に関しても、事業継続性の観点から見るとバックアップとなる施設の存在の重要性が、今回の新型コロナウイルス感染症の問題で明確になったのではないでしょうか。


テレワークの普及が地方に好機となるかも


昨日は、夕方から夜にかけて、神流町でも短時間に激しく雨が降りました。

今日は、晴れ時々曇りという天気になっています。

私は、昨日と今日、WEBでの会議を行いました。

神流町に居ながら、群馬県だけでなく、全国津々浦々の方々とインターネットを使って同時に会議が出来ることは非常に便利なことだと感じています。

昨日、NHKスペシャル「令和未来会議 危機をどう乗り越えるか?コロナ時代の”仕事論”」(NHKのサイトより)を少し見ました。

内容は、新型コロナウイルス感染症の広がりにより、企業の業績がマイナスに働くだけでなく、業態事態の変化や働き方も変わるというものでした。

新型コロナウイルスの脅威が続く限り、企業にとっては非常に厳しい状況が続くと思います。

ただ、番組の中で私が気になったのは、今、テレワークが普及する中で東京から地方に移住したという旨の発言があったことです。

テレワークは、インターネット環境さえあれば、それ以上の条件は必要ありません。

テレワークの普及で、これまで都市部でないと出来ないと思われていた仕事が、地方でも出来ることが認識されてきているように思われます。

地方でテレワークを活用すれば、自然の中で働くことが出来るのです。地方には、都市部のような満員電車のストレスもありません。

テレワークの普及は、地方にとっては好機と考えてもよいでしょう。

都市部へ集中することが、感染症拡大に弱いことが、都市部に感染者が多いことからも証明されたと思います。

リスクを分散するためにも、地方へ住む場所を分散することが必要なのです。

仕事は実際に人と会わなければ出来ない、と思う人もいるかもしれませんが、テレワークを一度やってみると、意外と不便なく仕事が出来ることを実感すると思います。

医療や介護など、テレワークの導入が難しい職種も確かにあります。すべての業種にテレワークを導入するのではなく、可能な限り導入していこうと考えることから始めればいいのではないかと私は思います。


神流町にもアベノマスク到着


昨日、今日と神流町は熱くなっています。

昨日(6月3日)に、神流町にも政府による全世帯へ配布する布マスク(通称:アベノマスク)が届きました。

4月上旬に配布が決定してから、神流町に到着するまで約2か月がかかりました。

私としては、マスクを配布するのではなく、その資金を各自治体の裁量で利用できる地方交付金に上積みした方が良かったのではないかと思いますが、もう実行されてしまったので、予算を戻すことは出来ません。

今日の上毛新聞に、以下の記事がありました。
政府配布マスク 寄付を 続々呼び掛け 学校や医療現場で活用
(上毛新聞より)

安中市や伊勢崎市など、群馬県のあらゆる自治体で、未使用のアベノマスクの寄付を募る活動が行われているそうです。

寄付された布マスクは、小学校等に寄付することを検討しているようです。

国会や安倍首相の記者会見で見た感じ、また、安倍首相以外の閣僚でも使用している人が少ないことからも、アベノマスクは、大人が使用するには少し小さすぎるように見えます。

子どもが使用するサイズには十分だと思うので、小学校等で使用されると、良いのではと思います。


政策は時間経過による社会情勢変化の想像も必要


先週末は、神流町もかなり厚くなりましたが、今日は打って変わって涼しくなっています。今日は終日雨が降ったりやんだりするような不安定な天気のようです。

とこで、4月1日に日本の全世帯に布マスク2枚ずつを配布する通称「アベノマスク」(wikipediaより)の施策が決定されましたが、昨日(5月31日)時点で神流町にはまだ配布されていません。

確かに2月頃から4月くらいまでは、マスクへの需要が非常に高くなったことなどが起因となり、マスクは極度の品不足でなかなか手に入りませんでした。

しかし、5月の中旬頃からは、マスクがドラッグストアだけでなく、様々な場所・あらゆる業態で販売されるようになってきました。現在は、マスクを買おうと思えば、すぐに購入できる状況になってきたように感じます。

4月上旬にアベノマスクが届けば、利用率は高くなったかもしれませんが、現時点で届いても利用率はあまり高くならないことが想定されます。

今回の事例から学ぶこととして、政策を決定する上で、①実行されるまでにどれくらい時間がかかるものなのか、②政策が実行されるまでの間に社会がどのように変化するのか、③利用者が本当に望んでいるものなのか、といったことを想像力を働かせながら検討しなければいけないということです。

アベノマスクの事例は、③のマスクの配布を望む声が4月上旬時点では高かったかもしれません。ただ、①のマスク配布完了までに要する時間が2か月近くかかることの検討がしっかりなされていたのか、そして、②の社会でのマスクの流通状況がどの程度回復するか、までの想像力が欠如していたのだと思います。

国家を運営することは、神流町のような小さな自治体の運営と比べられるような規模のものではありません。小さな自治体では、意思決定や手続きに要する時間が少ないことから、即時に実行しやすいです。国家運営は、自治体よりも、はるかに大規模な運営となるため、意思決定や手続きに時間がかかるだけでなく、様々な関係者がいることから、容易に政策の実行過程や所用時間を想像しがたいのだと思います。

こうした政策の結果を通して、効果や課題があるのかといったことをしっかりと検証することが重要だと思います。効果や課題の検証を行うために重要となるのが、議会です。議会は、行政の監視を行うだけでなく、その政策の効果を検証する役目もおっています。

今回の施策が検証されることを注視しなくてはいけないと思います。


神流町の小中学校は6月1日から再開


今日の神流町は、晴れていて、非常に暑くなっています。

既に上毛新聞で発表されていましたが、神流町では6月1日から小中学校が再開されます。(保育園・学童保育も6月1日から再開されます。)
神流町の公共施設の状況(神流町HPより)

神流町の小中学校は児童生徒数が少なく、教室でも十分に間隔をあけられることから分散登校はせずに6月1日から一斉登校となっています。
(神流町では現在、小学校は1学年平均5人、中学校は1学年平均4人という児童生徒数です。)

神流町の小中学生は、スクールバスを利用する子が多いため、スクールバスは過密にならないように運行台数を増やして対応を行うそうです。

途中4月に一時的に登校が認められたとは言え、今年の3月から実質3か月間もの休校期間となりました。

大学生の場合、春休み期間が3か月以上になるところもありますが、小中学校で3か月間も学校に通えないということはいろいろな負担があるかと思います。

また、児童生徒だけでなく、現場の先生方も今回の休校措置に伴い、様々な苦労があったかと思います。学校再開後も、これから通常の学校運営と異なることがあると思うので、いろいろとご負担をかけると思います。

本来、市町村の教育はそれぞれの教育委員会に任されており、県が介入すべきものではありません。学校を休校するかどうかは、各市町村の教育委員会の判断で行えることになっています。しかし、今回の休校措置に関して、県からの強い要請により、群馬県では南牧村を除き34市町村で5月末まで小中学校が休校になるという事態になりました。

今回の休校措置をめぐって、いろいろと改善すべき点が見つかったと思いますので、今後に活かせればと思います。


役所職員数について考える


昨日・今日と神流町は、雨となっています。

昨晩は、少し強めに雨が降りました。

さて、新型コロナウイルスによる経済への影響緩和策として、国民一人につき10万円が給付される特別定額給付金が行われています。

神流町では既に振込が行われています。

しかし、規模の大きな自治体では、まだ申請書の発送業務も終わっていないところもあるようです。

このような状況は、神流町のような小さい自治体は、人口も少ないため負担が少ないからスムーズにできると考える人もいるかもしれません。

ただ、別の見方をすれば、大規模な自治体は人口に見合った役所職員の人数が確保できていないとも言えるのではないでしょうか?

公務員の給与は税金から支払われているため、一般国民からすると公務員の数が多いことを「悪」と考える人もいます。

ただ、公務員の数が多いということは、それだけ行政サービスも多く受けられると考えることもできます。

大規模自治体では、本来もっと役所職員の数を増やしてもよかったのではないでしょうか。

役所職員の数が少なくなると、今回の新型コロナウイルスのような緊急事態や災害対応の際に、役所の対応が困難になってしまいます。

役所職員の人数を、ただ「コスト」という観点だけで見てしまうと、行政サービスが不十分なものになったり、緊急事態に対応できなくなってしまうのです。

役所職員の人数を考える際は、「コスト」という経済合理性だけの観点だけではなく、様々な観点で議論すべきだと私は思います。

今回の事象を見て、あらためて考えさせられました。


神流町における鳥獣害の状況


今日の神流町は、朝から曇っていて、雨がパラパラと降ったりやんだりしています。

昨日は晴れて、非常に暑くなりました。

ところで、これまで神流町の鳥獣害の状況について、このブログでも何度か取り上げてきましたが、久しぶりに取り上げてみようと思います。

下の写真は、私の両親が耕している畑の様子です。

四方を鹿避けの網で覆っています。

こうした畑を網で覆う様子は、神流町のいたるところで見られます。

ほとんどの畑が網でおおわれている状況です。

私が神流町に戻ってきた4年前は、ここまで畑を網で覆う様子は見られませんでした。

それだけ、この4年間で鹿等の鳥獣害が広がっているとも言えます。

鹿避けの網は、1.5メートルほどの高さ以上に設置しないと効果がないそうです。そのため、ご高齢の方には網を設置するだけで、かなり苦労します。

これらの畑を覆う網(防護柵)の設置するにあたり、神流町では1件5万円を上限に資材費の2分の1の補助を行っています。

次に、神流町でどれだけ害獣駆除が行われているかを以下に記載します。

以下の表は、各年度ごとに神流町で捕獲・処分された害獣の数です。これは、神流町の決算書において、有害鳥獣捕獲の報償金の対象となったものの数です。(神流町では、鹿一頭1万円、イノシシ一頭8千円、サル一匹2万円の報償金を支給しています。)

  鹿(頭) イノシシ(頭) サル(匹) 合計
2016年 293 70 3 366
2017年 241 49 2 292
2018年 235 40 1 276

こうして見ると、年々数が減っていることが分かります。

「捕獲する数が減っているのだから、鳥獣被害は減っているのでは?」と思う方もいると思います。

神流町では、農業を職業としている方が少なく、ほとんどの方が趣味として農業を行っています。こうした状況であるため、神流町における実際の鳥獣等の農業被害は把握できません。

ただ、現地に住む人間の感覚としては、鹿やイノシシと遭遇する機会は明らかに増えているので、捕獲数が減ったからと言って存在する数が減ったとは言えないと思っています。

こうした鳥獣被害は、人口減少や高齢化が要因とも言われています。

今後も、神流町の現状を把握しながら、対策を検討していきたいと思います。


オンライン会議・テレワークがこれからは日常的に



今日の神流町は、曇っていて、これから時々雨が降るようです。

昨日の暑さとは一変して、今日は涼しくなっています。

さて、新型コロナウイルス感染症の影響で、外出や大人数での集まった会合が自粛され、インターネットを活用したオンライン会議(Web会議)が日常的に見られるようになりました。

テレビを見ても、スタジオでの出演ではなく、距離を保つためにインターネットを経由して遠隔地からの出演という光景が多く見られます。

5月になって私も先週に1回、今週1回、神流町にいながらオンライン会議に参加しました。神流町は、インターネット回線の整備が進んでいないことから都市部に比べて回線速度が遅いのですが、私がオンライン会議に参加した時には、特に回線速度が遅くても支障なく参加することができました。

オンライン会議は、あまり高い性能が無くても実現できるのかもしれません。

こうしたオンライン会議の普及は、望ましいことだと私は思っています。

人と接触して感染リスクにさらされる危険性が減るだけでなく、会議に出席するための移動時間も削減でき、自由な時間が増えるからです。自由な時間が増えることで、他の作業が出来たり余暇時間を増やすことで充実した一日になることもできます。

オンライン会議は、新型コロナウイルス感染症という想定外の脅威によって普及速度が速まりました。ただ、仮に、新型コロナウイルスの脅威が減少したとしても、オンライン会議の重要性は減らないと私は思います。

これまで人を集めて開催することが普通だった会議・会合についても、「本当に集めてまで開催する必要があるのか」をしっかりと考え、「オンライン会議でも問題なければオンライン会議で」という形式で会議が行われるようになってくると思います。

時々出る、オンライン会議に否定的な人の意見としては「会議は実際に会って、話し合わなければ意思疎通は出来ない」というものがあります。

本当にそうなのかな、と私はその意見を不思議に思います。オンライン会議でなくても、電話やメールで意見交換を行うこともあります。電話やメールといった非対面での情報交換でも意思疎通は図れるものです。わざわざ人を集めるというコストを払ってまで、集める必要があるのか、実際に会うことの必要性・意味・効果について、しっかりと考えなくてはいけないと思います。

オンライン会議だけでなく、テレワークも同じです。

現在、外出自粛のため、テレワークが推進されています。テレワークで業務が行えるということは、在宅で業務を終わらせることができるので、わざわざ出社する必要はないことを意味しています。これまで出社する必要のない業務を、わざわざ出社して行っていたとも言えます。

テレワーク推進の動きも新型コロナウイルスの脅威が減少した後も、止まることなく、より推進されていくことと思います。

役所では、セキュリティや対面による業務が多い都合上、なかなかテレワークが進みにくい状況ですが、群馬県庁では職員がテレワークを行うための環境整備のために補正予算を組みました。(令和2年度5月補正予算(臨時会提出分)主要事業はこちら(pdfファイル:85KB))(群馬県庁HPより)

群馬県庁には、ぜひ、県庁でどのようにテレワークに取り組んでいるかを群馬県内の市町村にも情報を提供していただき、役所におけるテレワーク推進の旗振り役になっていただきたいと思います。

テレワークやオンライン会議が広がることで、都市部で働く必要性が薄れ、誰もが暮らしやすい場所に住みながら仕事出来る社会に近づいていくと私は願っています。


群馬県は緊急事態宣言解除



昨日、今日と神流町は、晴れています。

今日も非常に暖かくなりました。

昨日、政府から群馬県を含む39県に対して緊急事態宣言解除が発表されました。
緊急事態宣言の解除の群馬県 事業者からは期待と不安さまざま
(上毛新聞より)

緊急事態宣言の解除により、これから徐々に休業要請を緩和されていくことが見込まれています。

ただ、新型コロナウイルス感染症を防ぐためのワクチンはまだ開発されず、治療法も確立されたとは言えない状況です。

群馬県知事も、昨日の臨時記者会見において、「まだまだ油断できない」という認識を示しています。

新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐために、政府から提示されたのが「新しい生活様式」(厚生労働省HPより)です。

「新しい生活様式」の内容は、「人との間隔は出来るだけ空ける」「仕事は出来るだけテレワークで」などでした。

こうした生活様式は、新型コロナウイルス感染症に対する心配が払拭されるまで、求められてくることでしょう。

これまでの生活様式から、新しい生活様式へとシフトするためには、これまでの考え方を改める必要があります。

これからの生活を迎えるために、新しい考え方に基づいて生活していかなければいけません。新しい生活様式は、職場への通勤回数を減らし、在宅勤務を増やすなど、これまでの「働き方」自体も見直すことになります。

「働き方」を見直すことで、無駄を省き、より効率的に働く方法も考える機会になると私は思っています。

「新しい生活様式」に対応できる職場が、良い職場として認められていく日が来るのかもしれません。


昨日の臨時議会は流会となりました。



昨日、今日と神流町は晴れとなり、非常に暑くなっています。

もう半袖で十分なくらいの暑さです。

昨日、14時から神流町の臨時議会が開催される予定だったのですが、12時ころに神流町管内で山火事が発生し、臨時議会を開催できる状態ではなかったことから流会となり、後日改めて開催されることになりました。

神流町のような小さい自治体では、火事のような災害が発生した場合、役場の課長をはじめとした職員が総出で対応することになります。そうなると議会への参加ができない状況になります。

また、神流町では若手の男性は、ほとんどが消防団に加入しており、私を含む議員も例外ではありません。昨日の山火事では、消防団にも出動要請があり、現地で対応することになりました。

昨日の山火事は、幸い、人的被害が発生することなく、無事に鎮火しました。

こういう事象で議会が流会となるのも、田舎の議会ならではのことだと思います。都市部の議会では、こうした理由で流会となることはほとんどないでしょう。

これも小さな自治体ならではのことだと感じました。